自然素材の家のメリットとは?

家づくりをするうえで、内装選びで迷うのが人口素材か自然素材。自然素材の家は体に優しいとして注目を集めていますが、どんなところが良いのでしょうか?自然素材の家についてまとめてみました。

自然素材の家とは? 

自然素材の厳密な定義はなく、一般的に内装などの仕上げ素材に無垢の木によるフローリングや珪藻土などの左官壁、石材や和紙といった、自然素材を使った家づくりをいいます。
ちなみに、一部だけにビニールクロスなどを使っていても自然素材の家となります。自然ならではの温もりや柔らかい雰囲気を持つ自然素材は、人体に有害な化学物質などを含まないので、小さなお子さんや高齢者に優しい家となります。そうした安心さも求めることもできるのが、自然素材の家なのです。

自然素材のメリット

自然ならではの手触りや雰囲気、機能です。無垢の木材であれば、既製品にはない柔らかな雰囲気やさらりとした肌触りがあり、その違いは、特に素足で歩いた時にわかります。無垢材自体が呼吸をするので、それにより調湿で湿度が高い日も空気がさらりとしています。
また、調湿作用と清浄作用をもつ珪藻土や漆喰などの左官壁も、室内の湿度と嫌な臭いをコントロールしてくれるなど、人工的に作られた素材にはない、自然が持つ豊かな働きが快適な生活空間を作ってくれます。こうした自然素材のメリットは、シックハウス症候群にも有効です。人口素材に含まれる化学物質が発する有毒ガスに反応し、アレルギーに似た症状が出るシックハウス症候群の予防策にも一役買っています。

自然素材のデメリット

フローリングによく使われている無垢材は、傷つきやすく水にもそれほど強くないということからも、傷みが出やすいといった欠点があります。同じく珪藻土や漆喰などの左官壁も傷がつきやすく、水を染み込ませやすいので、人工素材に比べると汚れやすいと言えるでしょう。
ですが、これらのデメリットは日ごろのお手入れで解消することができますし、経年劣化による味わいとして楽しむこともできます。一番のデメリットはコスト面。材料費だけでなく、熟練の職人による施工が必須になるので、工事費も高くなってしまいがちです。予算内から足が出てしまった場合は、優先順位をつけて選んでいくといった事が必要になります。

自然素材の家を建てるときの注意事項

自然素材の取り扱いは、熟練の大工でも難しいもの。十分に乾燥していない木材を使ったり、漆喰・珪藻土の塗り方が甘かったりすると、隙間やガタつきといった不具合の原因にもなります。このような、住んだ後のトラブルに合わないためにも、自然素材の取り扱いに慣れている会社に依頼するようにしましょう。

自然素材の家のメンテナンス方法

キズつきやすい自然素材は、お手入れをしっかりすることで長持ちさせることができます。洗剤を使うことはできませんが、身近にあるものを使ってお手入れをすることでキレイに再生します。
無垢材のフローリングは乾拭きを基本とし、汚れが付いた場合は固く絞った布で水拭き。キズは市販されているペーパーヤスリで軽く滑らかにすると、傷が消えて平坦な表面に。珪藻土などの左官壁も同じようにすることでキズを目立たなくさせることができますし、手垢のような汚れも消しゴムで簡単に消すことができます。

あなたが自然素材で建てたい家はどれ?こだわり別・名古屋の
おすすめ注文住宅会社

健康にこだわる家
岡谷ホームズ

岡谷ホームズの施工事例
https://www.okaya-homes.co.jp/construction/detail3929.html

ナチュラルデザインの家
オーガニックファクトリー

岡谷ホームズの施工事例
https://www.hello-ie.com/case/post-62/

地球が喜ぶ家
住友林業

住友林業の施工事例
https://sfc.jp/ie/style/detail/2701
※名古屋で自然素材を取り扱う注文住宅会社の中から下記の条件で各社をピックアップしています
・岡谷ホームズ:自然素材による性能が最も豊富(13種類)な会社
・オーガニックファクトリー:一級建築士による設計とオリジナル家具による一貫性のあるデザイン設計をしてくれる会社
・住友林業:大手ハウスメーカーの中でも自然素材を使った健康と環境の維持を推進する会社(1691年に創業し木材建材事業事業開始。年間200万本以上の植林に取り組む。)
2020年5月調査時点の情報